fbpx

健康ブログ

タンパク質の働きとタンパク質が多く含まれる食材

トレーナーコラム

2021.11.30

人間の身体になくてはならない栄養素のうち、タンパク質・脂質・炭水化物を三大栄養素と呼んでいます。

その中で、タンパク質は身体の骨格や筋肉、内臓、皮膚や毛髪など人間の体を作るのに欠かせない栄養素です。

.

摂取した食べ物を消化・吸収・代謝したりなど正常な代謝を維持していくためには酵素が必要ですが、タンパク質から構成されるのでタンパク質の摂取が必要不可欠です。

タンパク質の1日の必要量は体重1kgあたりタンパク質1gを推奨しています。

.

体重60kgの場合はタンパク質60gを目指して食事管理をするようにご案内しています。

タンパク質は不足することで貧血が起きやすくなったり、肌荒れや抜け毛などのトラブルが起きたり、体力が落ちて疲れやすくなります。

.

また、免疫機能の働きを調整しているのもタンパク質なので、病気にかかりやすくなります。

タンパク質は動物性タンパク質と植物性タンパク質に分かれていて、動物性の方が植物性に比べてアミノ酸スコアの高いものが多いです。

.

しかしわ動物性タンパク質である肉や魚は脂質も多く含んでいるので、ダイエット中であれば脂質が少ないものを選ぶのがベターです。

.

▼肉類のカロリー(100gあたり)

鶏もも肉

エネルギー:200Kcal

タンパク質:16.2 g

脂質:14 g

.

豚バラ肉

エネルギー:386Kcal

タンパク質:14.2g

脂質:34.6g

.

牛肉(カルビ)

エネルギー:371Kcal

タンパク質:14.4g

脂質:32.9g

.

▼魚類のカロリー(100gあたり)

さば

エネルギー:166Kcal

タンパク質:16.8g

脂質:9.7g

.

マグロ(赤身)

エネルギー:125 Kcal

タンパク質:26.4 g

脂質:1.4 g

.

▼豆類のカロリー(100gあたり)

木綿豆腐

エネルギー:72 Kcal

タンパク質:6.6 g

脂質:4.2 g

.

納豆

エネルギー:200 Kcal

タンパク質:16.5 g

脂質:10.0 g

.

枝豆

エネルギー:135 Kcal

タンパク質:11.7 g

脂質:6.2 g

.

以上のように、タンパク質には様々な種類があります。一つの食品だけを集中して摂るのではなく、植物性・動物性タンパク質やその他の栄養バランス考え食事を摂ることが大切です(^^)

.

投稿者

代表取締役

田村 繁光

おすすめ記事

カテゴリー

今すぐ問い合わせる 今すぐ問い合わせる
初診料・年会費・入会費¥0
カンタンネット予約