fbpx

健康ブログ

お酒、アルコールと上手く付き合いましょう

2020.06.07

健康的な生活を送るために、お酒との付き合い方はとても大切です。

田村はお酒がめちゃくちゃ大好きでビールやワインなど、何でも来い!という感じです。

しかし、飲み過ぎには注意しながら飲むようにしています。

節度ある適度な飲酒量は、1日平均純アルコールで約20g程度と言われていて、これを1日の飲酒量に換算すると、ビールなら中びん1本(500ml)、ウイスキーはダブルで1杯(60ml)、日本酒では1合(180ml)になるそうです。

しかし、これは男性で「お酒に強い」タイプの場合に限り、女性や高齢者、お酒の弱い方などは、この量よりもさらに少ない量が適量と言えます。

結構少なく感じますが、専門家からすると適量とはそういう事なんだそうです。

お酒と上手く付き合うために、

■空腹時にはお酒を避ける

空腹時にお酒を飲むと、アルコールの吸収が速く、すぐに酔いが回ります。

■水を飲むことを忘れない

悪酔いを防ぐために大切なことは、水を十分に補給しながら飲むことで、お酒と水を交互に飲むことで、血中アルコール濃度の急上昇も抑えられます。

■休肝日をもうける

お酒を毎日飲んでいる方は、週に2日はお酒を休むようにして、自分自身のカラダをいたわるようにしましょう。

.

今すぐ問い合わせる 今すぐ問い合わせる
初診料・年会費・入会費¥0
カンタンネット予約