fbpx

健康ブログ

野菜を最初に食べると良い理由

2020.10.18

外食に出かける際は、なるべくサラダを頼んで最初に食べるようにしています。

野菜を最初に食べると良い一番の理由は、野菜に「食物繊維」が含まれているからです。

生の野菜を食前に食べることで野菜の食物繊維が胃や小腸で広がる事で、急激は血糖値の上昇を防ぐことができます。

血糖値が上がることで、インスリンというホルモンが分泌されます。

インスリンには、血中の糖分を脂肪に換えて身体に溜め込む働きがあるので、ダイエットや健康管理の為にサラダを食べるのはかなり有効です。

また、野菜は噛み応えがあるので、よく噛んで食べることで満腹を感じる満腹中枢を多く刺激され、少ない量でもお腹いっぱいだと思えるようになります。

その為、ドカ食いや食べ過ぎを抑制することに繋がり、ダイエットに効果的です。

.

今すぐ問い合わせる 今すぐ問い合わせる
初診料・年会費・入会費¥0
カンタンネット予約