健康ブログ

幸せを感じる能力

2018.03.29

通勤途中で桜がたくさん咲いていました。

気付けばもう春ですね、ポカポカ陽気の中で桜を見ているだけでなんだか幸せ気分です。

幸せを感じるのは能力であると考えています。

周りから見たら恵まれた環境でも、本人にとっては当たり前で幸せとは感じない人もいます。

自分が感じられる幸せの数やレパートリーが増えれば、それだけ幸せを感じられる時間と回数が増えるのでその人は幸せだと思います。

僕個人は母子家庭で女手一つで育てられたのですが、親に大変迷惑をかけてきました。

自分にとっての幸せは親孝行をする事でもあります。

モノをあげるより、自分が親にしてあげれる最高の贈り物は自分が毎日イキイキと生きている事だと最近思いました。

幸せな人はストレスが少なく身体が疲れにくい、悩む時間が減れば時間の余裕が増えます。

ストレスが少ないので浪費をしないので人を喜ばせる為にお金を使ったりしています。

人にしてあげる幸せは幸せを感じる中でも最高の事だと思います。

今すぐ問い合わせる 今すぐ問い合わせる