健康ブログ

一流トレーナーの条件

2017.12.26

僕はカラダが凄いのと、指導力が凄いのとは当たり前だけど全く別だと思うのです。

これはずーっとスタッフにも言い続けている事ですが、コンテストに出る対策をしていると一生懸命になり過ぎてクライアントとの関係に摩擦が生じる場合があります。

コンテスト期間中はハードなトレーニングをしたり栄養管理などで自分のカラダが中心でクライアントの本当の声に耳が届かない。

しかし、自身のカラダづくりもできないトレーナーが指導するのもおかしいと思います。

自分自身のカラダづくりもできて、指導もできるのが一流のトレーナーです。

そんな事を思いながら今は週に3回ほど筋トレしております♪

今すぐ問い合わせる 今すぐ問い合わせる