fbpx

健康ブログ

ダイエット中は筋量を落とさない食事内容を実践しよう

2020.09.27

一日の中で食事の回数は人それぞれですが、多くの方が一日三食かと思います。

ちなみに、田村は一日4~6食に分けて食事を摂るようにしています。

空腹の時間をなるべく作らないようにする事でドカ食いをするリスクが減らせます。

空腹の状態で食事を一気に摂取すると、血糖値が急上昇する事で、インスリンの分泌が多くなり、体脂肪が蓄積しやすくなります。

なので、食事をこまめに摂る事で、インスリンの急上昇を抑えることができます。

ダイエット中の摂取カロリーを少なくすると、体脂肪の減少は進みますが、筋肉量を落としてしまうリスクも高まります。

リバウンドが起こるのは、この筋量の低下によって代謝が少なくなり、太りやすいカラダになってしまうことが原因のひとつとして挙げられます。

なので、ダイエット中はできるだけ筋量を落とさない食事内容を実践する事が重要です。

太るかどうかを左右するのは、食事回数よりも一日の摂取エネルギー量といえます。

あらかじめ、一日の摂取エネルギー量を決めて小分けに食事を用意しましょう♪

.

今すぐ問い合わせる 今すぐ問い合わせる
初診料・年会費・入会費¥0
カンタンネット予約