fbpx

健康ブログ

ダイエットには基礎代謝アップと姿勢改善のダブル効果がポイント

トレーナーコラム

2022.11.07

ダイエットをしたいけどハードな運動や食事制限しても続かない、なかなか効果が出ずに挫折してしまう方が多いのではないでしょうか。

しかし、どんなに運動が苦手な方でも最小の労力で最大の効果を見込んだメニューであれば効果を出すことができます。

.

まず、太ったり体型が崩れたりするのには2つの原因があります。

1つは本来あるべき骨格が崩れてしまい猫背になったりして姿勢が悪くなることで、バストやヒップが垂れ下がってお腹が出たように見えてしまうことで実際にそれほど体重は増えていなくても太って見えます。

.

また、姿勢と代謝は深く関係しています。

骨格が崩れて猫背や反り腰の姿勢になっていると、呼吸や内臓の働きにも影響が出て基礎代謝が落ちやすくなります。

姿勢が悪いまま身体を動かすと、全身の筋肉が上手く使えなくなるので日常生活で代謝も上がりにくくなるのです。

.

⭐︎ 体脂肪率はどれくらいが平均値?体脂肪率が増える原因と対策を解説⭐︎

https://kenkouya.net/%e4%bd%93%e8%84%82%e8%82%aa%e7%8e%87%e3%81%af%e3%81%a9%e3%82%8c%e3%81%8f%e3%82%89%e3%81%84%e3%81%8c%e5%b9%b3%e5%9d%87%e5%80%a4%ef%bc%9f%e4%bd%93%e8%84%82%e8%82%aa%e7%8e%87%e3%81%8c%e5%a2%97%e3%81%88/

.

これらを改善させるには骨格を整えるために弱っている筋肉はトレーニング、緊張して硬くなっている筋肉はストレッチやマッサージをすることで正しい姿勢に戻すことで代謝機能を改善をさせることができます。

.

もう1つの原因は筋肉が減って基礎代謝が下がって体脂肪が増えることです。

運動不足が原因で筋肉が細くなっていくと基礎代謝が下がるので、食事で摂ったエネルギーが行き場を失って余り体脂肪へ蓄積されます。

.

基礎代謝が下がって太ってしまうのを改善させるためのルールは、食事で摂取するエネルギーより、消費するエネルギーが上回るように身体づくりをすることが唯一の原理です。

人間の身体は全身の筋肉の約7割がお尻、太ももなど下半身に集中しています。

.

しかも、加齢や運動不足で筋肉が減りやすいのが下半身の筋肉です。まして過度な食事制限をすれば、ますます顕著に筋肉が減少するので下半身を中心にトレーニングを行えば、引き締まった身体へと変わるのです。

.

これらが太って見える、または太る原因となります。

KENKOUYAのパーソナルトレーニングでは、この2つのポイントを考慮しながら効率的で楽しいエクササイズができます(^^)/

.

投稿者

代表取締役

田村 繁光

おすすめ記事

カテゴリー

今すぐ問い合わせる 今すぐ問い合わせる
初診料・年会費・入会費¥0
カンタンネット予約