fbpx

健康ブログ

キンのグ・オブ・エクササイズ!スクワットについて

トレーニング

2021.10.06

「自重スクワット」は、ご自身の体重を利用することで強い下半身へと鍛え上げ、健康的な動作パターンを強化するのに非常に効果的なエクササイズと言えるのです。
スクワットの動作で鍛えられる主な筋肉は、下記の3つの大きな筋肉です。

.

①大臀筋…お尻の表層にある大きな筋肉で、直立姿勢の保持や歩行に重要な役割を果たします。身体の中で最も大きい筋肉です。
②大腿四頭筋…全身の筋肉の中で最も強くて大きい筋肉で、弱くなると膝に痛みが生じたりの原因となります。
③ハムストリングス…股関節から膝関節まで2つの関節にまたがっている大きな筋肉です。主に膝関節や股関節の曲げ伸ばし運動に関与しています。

.

「自重スクワット」の方法を説明します。
まずは背筋をまっすぐ伸ばして、足は肩幅よりやや広めに開いて、少し外へと向けます。
胸をしっかり張って顔は下を向かないように、正面を見るようにしましょう。

.

かかとからつま先まで足全体がしっかりと床についていることができているかを確認できたら、しゃがんでいきましょう。
負荷が足りないと感じたら動作スピードを早くする、もしくは遅くするなど変化を加えるか、体幹部や手の位置など、足以外の動きも意識するとトレーニング効果アップを狙えます。

.

投稿者

代表取締役

田村 繁光

おすすめ記事

カテゴリー

今すぐ問い合わせる 今すぐ問い合わせる
初診料・年会費・入会費¥0
カンタンネット予約