fbpx

健康ブログ

30歳を越えたら特に注意。アラサーからやっておくべき身体のケア

トレーナーコラム

2022.08.18

20代の時はたくさん食べても太りにくかったり、あまり寝てなくても元気だったのに、同じように食べても太りやすくなっていたり、寝ても寝ても足りなかったりする事はありませんか?多くの人が30代以降の体重増加や体調の変化で悩んでいる事が多いように、身体の老化に伴って機能が低下することが原因であることが多いです。

.

30代以降に体重が増加する原因は、基礎代謝が落ちてしまうことです。

基礎代謝は10代の成長期をピークに、年齢を重ねていくごとに低下していきます。

30代を越えてからは筋肉量が落とさない対策、身体の機能を整える必要があります。

.

⭐︎ 老化の原因と老けない身体の作り方について⭐︎

https://kenkouya.net/%e8%80%81%e5%8c%96%e3%81%ae%e5%8e%9f%e5%9b%a0%e3%81%a8%e8%80%81%e3%81%91%e3%81%aa%e3%81%84%e8%ba%ab%e4%bd%93%e3%81%ae%e4%bd%9c%e3%82%8a%e6%96%b9%e3%81%ab%e3%81%a4%e3%81%84%e3%81%a6/

.

①適度な運動

体重増加を防ぐには基礎代謝をアップさせるための筋トレがオススメです。

筋肉量を増やして基礎代謝を上げることができれば、カロリーを自然に消費する身体になることができるので太りにくくなります。

体重が変わらないのに、太った気がする、パソコン作業が多く猫背気味な方は姿勢の悪さや、骨格の歪みがおデブに見える原因かもしれませんので必要な部位に筋力をつけましょう。

.

②バランスの良い食習慣

生きていくために必要な栄養補給をする為の食事ですが仕事が忙しくて昼はコンビニ弁当、夜は飲み会や外食生活を一ヶ月続けていると、肌がカサカサになったり、必要な栄養が取れていないと代謝を促進させることができず余計に太る原因を作ってしまいます。外食が多い人であれば、和定食がおすすめです。コンビニで食事を済ます場合でも一品だけでも身体に良いものを選んで、おにぎりやサラダ、チキンなどバランスよく組み合わせた食事にしましょう。

.

③ストレス解消と質の高い睡眠

食べ過ぎてしまうだけでなく、生活リズムが崩れていたり睡眠不足になる事で体調不良や太りやすくなってしまうことがあります。これらは自律神経の乱れを引き起こしやすく、疲れやすくなったり肌荒れしたり、太りやすかったりと、代謝が落ちてこれまでと同じようにいかないアラサー世代の悩みです。また、家事や仕事などが重なり30代はストレスの多い年代とも言えますので旅行やショッピングなどでリフレッシュしたり、7~8時間を目安に、しっかり睡眠をとりましょう。

.

いかがだったでしょうか。

30代の肥満や体調不良の背景にあるのは、美容や健康に対する意識を失いやすくなる年代であるという事が言えます。

男女ともに仕事の責任や業務が増えて、多忙になる事で健康への意識を疎かにしがちです。

.

見た目だけでなく健康にも悪影響を及ぼしてしまうので、運動と食事で対策をしながら健康的な体型を手に入れましょう(^ ^)/

.

投稿者

代表取締役

田村 繁光

おすすめ記事

カテゴリー

今すぐ問い合わせる 今すぐ問い合わせる
初診料・年会費・入会費¥0
カンタンネット予約