健康ブログ

責任者と被害者

2018.06.28

自分の環境や持っているものに対し、不平や不満を言う人と、逆に感謝することについて話したいと思います。

これは本当に重要なことです。

何を普通とらえるかで生き方ってかなり変わると思っています。

いつも周りの人に感謝をしてプラスのエネルギーを与える人と、常に不満を撒き散らして周囲にマイナスを与えるかは随分生き方が違いますね。

社会は受け取り側と与える側が存在します。

これを“責任者”と“被害者”と位置づける事ができます。

責任者はどんな困難な状況にぶつかっても責任は自分にあると考える人のことで、被害者は自分の外に責任を押し付けて自分はいつもかわいそうで不運だと思う人のことです。

皆さんはどちらの自分でありたいですか?

今すぐ問い合わせる 今すぐ問い合わせる