fbpx

健康ブログ

栄養に関する基礎知識|タンパク質

2020.08.18

「プロテイン」とは、「たんぱく質」を英語訳した言い方になります。

プロテインと聞くと、日本では、タンパク質を摂取するサプリメントとして認識されていますが、肉や魚も英語ではプロテインということになります。

カラダにとってタンパク質は必須栄養素で、筋肉はもちろん、内臓、骨、髪、皮膚、爪に至るまでタンパク質でできています。

タンパク質が不足するとカラダは、様々な部分が機能不全に陥ってしまいます。

そうならないためにも、人間にとって「もっとも重要な栄養素」であるタンパク質を適切に摂取するようにしたいです。

タンパク質の必要量は、厚生労働省の「国民健康・栄養調査」では、成人だと体重1kgあたり1gが、健康的な生活を送る上で最低限必要な量とされています。

これが定期的に運動を行う習慣がある人であったり、競技力向上のためのトレーニングを行っているアスリートであれば、体重1㎏あたり1.2~2.0gのタンパク質が必要だと言われているようです。

例えば、体重60㎏の人が体重1㎏あたり1gのタンパク質だと、タンパク質60g。

写真の肉の量だと150gほどあるので、タンパク質はおよそ30gなので、写真の量を2食食べれば一日に必要なタンパク質量を摂ることができますよ。

食事があまり量を摂ることができない方は、食事回数を増やしてタンパク質補給を増やす方法や、プロテインを活用して食事から補えないタンパク質を満たすことができます。

.

今すぐ問い合わせる 今すぐ問い合わせる
初診料・年会費・入会費¥0
カンタンネット予約