fbpx

健康ブログ

不調の原因はタンパク質不足?栄養基礎知識について

トレーナーコラム

2023.01.15

いつまでも活動的なカラダを維持し続けるためには身体づくりの為の栄養が必要です。

身体を作って整えるにはタンパク質をしっかり摂っておきましょう!

.

タンパク質は筋肉、内臓、骨、血液、皮膚、髪、爪など、人間の身体のほとんどがタンパク質が土台となってできています。

.

また、身体を整えるために働くホルモンや、免疫機能の維持や身体を動かすエネルギー源としても使われているのでタンパク質は欠かせない大切な栄養素です。

.

タンパク質の必要量は体重や活動量で異なりますが、一般の方の場合は1日に体重1kg当たりタンパク質1gが目安になります。

栄養不足や体力低下を予防するためには、上記の目標摂取量を目安にしてください。

.

⭐︎ ボディメイクは食事で変わる!摂るべき栄養素と効果を高めるポイント⭐︎

爪が割れやすくなった、疲れやすくなった、思考力や集中力が低下したなど、これらはすべてタンパク質不足が原因かもしれません。

.

タンパク質が不足すると細胞がしぼんで肌はガサガサ、髪はパサパサ、爪も弱くなります。

感情や気分、睡眠に関わるホルモンもタンパク質でできていて、集中力や判断力など脳の機能にも重要な役割を担っているので認知症予防にも欠かせない栄養素です。

.

タンパク質が足りているかどうかは、血液検査の数値でも分かりますが当店のインボディ測定でもタンパク質数値が分かります。

たんぱく質の効率的に摂って、何歳になっても元気なカラダを保ちましょう(^^)/

.

投稿者

代表取締役

田村 繁光

おすすめ記事

カテゴリー

今すぐ問い合わせる 今すぐ問い合わせる
初診料・年会費・入会費¥0
カンタンネット予約