fbpx

健康ブログ

座ったままできるエクササイズ ペルビックチルト

トレーニング

2021.12.22

事務仕事などデスクワークの仕事、外出する習慣がなくなってネットやテレビを見たり、ゲームをする時間が増えて座っている時間が多くなったと言う方もいるかもしれませんね。

そういった方は慢性的な運動不足が気になっている方もいるのではないでしょうか。

.

座りっぱなしが続くと健康上のデメリットがあるのはご周知の通りです。

まず、座る時間が長くなると冷えやむくみが起きます。デスクワークの方は、夕方になると脚がひどくむくんでしまい悩んでいる方もいるのではないでしょうか。

.

特に、ふくらはぎは第二の心臓とも呼ばれていて、全身の血流を循環させるのに重要な役割を担っているので下半身の筋肉が固まってしまうと血液を下半身から上半身に送るポンプ機能が弱くなってしまうので下半身から心臓への血流が滞って身体全体の血流が悪くなります。

.

その結果、下半身に血液や老廃物が溜まってしまうことで、冷えやむくみが起きやすくなってしまうのです。

また、血管が固くなってしまうと高血圧や動脈硬化の原因になるので、心筋梗塞や狭心症、脳梗塞と言った病気になる可能性も高まります。

.

座りっぱなしを回避するためには、合間に少しでも身体を動かすことが効果的です。

しかし、わざわざ立ち上がるのが面倒に感じる方は非常に多いと思います。なので、座ったままできる筋トレはオススメです。

.

写真は座ったままできるペルビックチルトという、骨盤と背骨を動かすエクササイズです。

①座った姿勢から始めます

②骨盤を後ろに倒し、猫背の姿勢になります

③次に骨盤を立て、背筋を伸ばします

,

このペルビックチルトは、骨盤の動きをしっかりと出してあげて、骨盤位置の調整をすることによって猫背や反り腰の改善、腰痛の予防などの効果が期待できます。

まずは10回試してみてください(^^)

.

投稿者

代表取締役

田村 繁光

おすすめ記事

カテゴリー

今すぐ問い合わせる 今すぐ問い合わせる
初診料・年会費・入会費¥0
カンタンネット予約